結婚式の似顔絵を心を込めて丁寧に描き上げ【ぎふとカフェ工房】

×

CATEGORY

CATEGORY

CONTENTS

HOME»  大和屋 木炭焙煎珈琲»  信州鎌倉珈琲 100g

信州鎌倉珈琲 100g

上田店限定ブレンド


長野県上田市の西南に広がる塩田平一帯は、鎌倉幕府の重職であった北条義政からその孫まで、三代に渡り約六十年、塩田北条氏が信濃の一大勢力としてこの地方を統治したことから「信州の鎌倉」と呼ばれており、鎌倉時代から室町時代にかけて造られた神社仏閣など、数多くの文化財が残っています。
そのため、塩田平は、美しい日本の歴史的風土準100選に選定されています。


歴史ある信州鎌倉をイメージ、表現したブレンド。
豊かな香りと甘味。キャラメルスイートの味わいです。


※100g単位でのご注文となります。
 

  • 信州鎌倉珈琲 100g

  • 販売価格

    637円(税込)

  • 挽き方

  • 購入数

    ×100g

カートに入れる(大)

  • 大和屋のこだわり『木炭焙煎珈琲』  

     

    こだわりの技と味 Skill and taste

    炭火で焼くと香りまでおいしくなる。そんな日本の食文化にヒントを得てうまれたのが【木炭焙煎珈琲】です。
    ひとくちに木炭焙煎といっても、時代によって好まれる味はさまざま。
    私たちは時代ごとの「おいしい」に合わせて、日本人の味覚に合う焙煎技術を追求してきました。
    大和屋の木炭焙煎は、国内外の資格を持つ珈琲の専門家が珈琲豆を見極め、熟練した職人が細心の注意を払って焙煎しています。
    その味は「もう他の珈琲は飲めない」というお声をいただくほどです。

     

    焙煎とは…

    珈琲の生豆を火力で煎ることを【焙煎】といいます。
    生豆が持つ香味は焙煎で引き出されるため、珈琲の味を決める大切な工程でもあります。
    中でも木炭焙煎は火力調整が難しく、専門的な知識と技術を要するため熟練の焙煎士が自社焙煎工場で全ての珈琲を国内産の木炭を使用し、じっくりていねいに焼き上げています。



    珈琲鑑定士が答える
    珈琲の豆知識 Q&A

    Q:おいしい珈琲を淹れるコツを教えて!
    A:ここではペーパードリップのコツをお教えします。

    珈琲の分量
    珈琲カップ1杯につき、豆(中挽き)10gが目安。
    メジャースプーンならすりきり1杯。ティースプーンなら山盛り3杯。
    ※分量で味が変わります。いろいろ試して好みの分量をみつけるのも楽しいですよ。

    お湯の温度
    お湯は沸騰から少し冷ました87~92℃が適温。
    沸騰したヤカンから細口ポットに移し替えるとちょうど適温くらいになります。
    細口ポットがない場合は急須でもOKです。

    お湯の注ぎ方
    1.最初に内側から外側へ、「の」の字少量のお湯を回し入れ、粉全体を湿らせます。
    2.粉がふくらんできたら、そのまま20秒ほど蒸らします。
    3.蒸らしが終わったら、再度お湯を回し入れ、人数分を抽出します。



    Q:粗挽き?細引き?豆の挽き方って
    A:珈琲豆は、細く挽くほど苦み成分が抽出されるため、味の印象は濃くなります。
      逆に粗く挽くと雑味が出ず、軽くさっぱりとした印象になります。

      ご使用の器具によっても変わってきますので下記を参考にしてください。
       中挽き…ペーパードリップ(カリタ・ハリオ等)・コーヒーメーカー (ペーパー使用)
       細挽き…サイホン・水出しコーヒー
       粗挽き…パーコレーター・コーヒーメーカー(金属メッシュ)・コーヒープレス


    Q:珈琲豆って、どうやって保存すればいいの?
    A:珈琲の味が変わってしまうのは、時間とともに経過する酸化が原因。
      酸化を遅らせるには、遮光性の高い密閉容器に入れ、涼しい場所で保存します。
      当店では珈琲豆は、焙煎したての鮮度を落とさないために「アロマプレスパック」に詰めてお届けいたします。
      「アロマプレスパック」は缶にはかないませんが、鮮度保持に役立つパック方式です。
      開封しなければ飲み頃を保てます。(2か月程)

      一番は「豆のまま」。珈琲豆は、空気に触れることによって香りや味が落ちていきます。
      焙煎したての珈琲豆の香りと味を存分に楽しんでいただくためには「豆のまま」のお届けが理想です。

関連商品